矢持医院
矢持医院
矢持医院

利用者様とご家族そして地域社会に感動と喜びを与え続けるリハビリテーションの提供をしています。

通所リハビリ(デイケア)とは

① 日常的な医学的管理

定期的なバイタルチェックや体調の管理、記録を継続して行います。通所リハビリ(デイケア)を利用することで必ず血圧のチェック、 体重増減のチェック、食事量や排泄のチェック、そして入浴サービスの提供による清潔の維持といった基本的な体調を管理するためのサービスが 提供されます。特に通所リハビリ(デイケア)では医師が必ず常駐しているため、ちょっとした体調の変化に対しても医学的な観点からフォロー することが可能となっています。

② 心身、生活機能の維持・向上

生活の中で必要な心身機能を健康に保つ活動の事をさします。通所リハビリ(デイケア)では理学療法士や言語聴覚士、作業療法士が個別に リハビリテーションを提供します。

③ 閉じこもり予防

一人暮らしの高齢者において閉じこもりは、活動量の低下を招き、体力を低下させ、廃用症候群を促進してしまいます。結果として寝たきりを 増やしたり、介護を要する人を増やしてしまう結果になりかねません。通所リハビリ(デイケア)を利用することで、定期的な外出機会となり 閉じこもり予防になります。また、通所リハビリ(デイケア)内での対人関係は、小さなコミュニティへの参加という側面を持ちますので、 社会的な役割を再獲得する場にもなりえます。

④ 介護負担の軽減

高齢者と同居する家族介護者にとって、通所リハビリ(デイケア)を利用している時間は、介護から解放されることが可能になります。 週に何日か、そういう時間がきちんととれることで家族内の関係を良好に保つことが可能になる場合もあります。

通所リハビリ(デイケア)と通所介護(デイサービス)との違い

通所リハビリ(デイケア)では、医師とセラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が必要ですが、通所介護(デイサービス)では必要ありません。 「リハビリ」を中心としたサービス提供が通所リハビリ(デイケア)で、 「介護」を中心としたサービス提供が通所介護(デイサービス)です。

矢持医院通所リハビリテーションでは、ご利用者様の個別リハビリテーションに加えて、個別に作成した自主トレーニングやマシントレーニング、集団リハビリ、生活リハビリにも取り組んでいます。

TOP